×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

運動不足解消ナビ 行動体力と防衛体力

運動情報ナビ
行動体力

体力とは、人間が生きて行動するにおいて、それを支える身体資源の総称のことです。
広義にとらえた体力の定義は、「人間として生存、生活するための基礎的能力」とされ、大きく身体的要素と精神的要素の2つから構成されています。
そしてさらに身体的要素は、「運動関連体力(行動体力)」と「防衛体力」とに分類されます。
簡単にいうと、行動体力とは走、跳、投などに代表されるような積極的に身体活動を実行するための体力であり、健康を保つ為に行動を起こし、持続し、調節するために必要な体力でもあります。

行動体力は3つに分類
 行動体力は<A健康関連体力>と<B行動を起こす能力>と<C行動を正確に行う力>に分類されます。
Aの健康関連体力は、「筋持久力」、「全身持久力」、「柔軟性」、「ADL」、「身体組成」に分類されます。
Bの行動起こす能力は、「筋力」、「パワー」、「瞬発力」に分類されます。
Cの行動を正確に行う力は、「敏捷性」、「平衡性」、「巧緻性(こうちせい:精巧で緻密なさま)」、に分類されます。
 ABCの各要因(機能)について、それぞれを評価するために体力測定項目が設定されています。


防衛体力

防衛体力とは外界からのストレスに対する自動調節能力
 広義にとらえた体力の定義は、「人間として生存、生活するための基礎的能力」とされ、大きく身体的要素と精神的要素の2つから構成されています。
さらにそれぞれが積極的な要素としての行動体力と、受け身的な防衛体力に大きく分けることができます。防衛体力は行動体力に対して用いられる概念です。
 生体には外部環境が変化しても内部環境を常に一定に維持しようとする能力(ホメオスタシス:恒常性)、外界からの刺激に対してしなやかに適応する能力(適応性)、いろいろな病原菌に対する抵抗力(免疫力)などが備わっています。
防衛体力とは、これらの恒常性、適応性、免疫力などの働きによって、生体をとりまく外界からのいろいろなストレスに耐えて、健康を積極的に維持しようとする自動調節能力です。


防衛体力 ストレスの種類

ストレスの種類には、物理化学的ストレス(寒冷、暑熱、低酸素、高酸素、低圧、高圧、振動、化学物質など)、生物的ストレス(細菌、ウイルス、その他の微生物、異種蛋白など)、生理的ストレス(運動、空腹、口喝、不眠、疲労、時差など)、精神的ストレス(緊張、不快、苦痛、恐怖、不満、悲哀など)があるとされています。
生体はこれらのストレスから防衛体力によって心身を守り、健康を保っています。


適度な運動は免疫を高める

 今日まで、スポーツを継続して行うことで、持久力や筋力などの競技成績などに直接関係する身体的要素としての行動体力に大きな関心が寄せられ、積極的に研究も行われていました。
それらの研究成果は、競技力の向上や健康の維持・増進のための運動処方に役立てられてきました。
 一方で、「スポーツ・運動を始めてから風邪をひかなくなった」などと言われるように経験的に知られていた防衛体力とスポーツ・運動との関係は、近年の研究により徐々に明らかになりつつあります。
たとえば、トレーニングによって白血球機能が修飾を受けることが知られてきましたが、適度な運動では免疫力を高めるのに対し、強すぎる運動やオーバートレーニング症候群といわれる状態になると免疫力が低下することがわかってきました。
「マラソン選手はかぜをひきやすい」ともいわれています。やはり何事もほどほどがよろしいようです。


相互リンク
高収入 | 出会い| 美容 口コミ | 脂肪燃焼運動 | 海外旅行 おすすめ | 猫のしつけ | 懸賞 | 高収入在宅 | 葬儀 | プリザーブドフラワー*花の贈り物 | 出張マッサージ 大阪 | コスメ 情報局ビンテージ ヘルメット占いキャッシングテレフォンレディ金儲け キャバクラ 求人| 在宅| 競馬予想|