×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

運動不足解消ナビ ウォーキング

運動情報ナビ
ウォーキングの魅力

ウォーキングする子供 みなさんはよく歩きますか?
ちょっとそこまでの買い物もマイカーという人はいませんか?
このような生活を送っていると運動で消費しきれなかったエネルギーは脂肪となってからだに蓄えられます。
そうならないために運動の基本のである次のことを始めましょう。

安全で快適なウォーキングを実践するために、正しいフォームを身につけることがポイントです。
そのためにはいろいろな注意点があります。
まず、目線はいつも10~15m先を見るように心がけましょう。
目線を変えるだけで自然に背筋が伸び、視野が広がり、気分も明るくなります。
足の運び方としては、
(1)膝を伸ばしましょう。膝が伸びると、歩幅が無理なく広がります
(2)伸ばした脚は、かかとから着地しましょう
(3)身体の重心の移動は、かかとからつま先へ、足の裏を転がすようにして行ないましょう
(4)最後に、つま先にしっかりと重心を残すようにしましょう。足で地面を踏み込むような感覚です。また、足の運びは、一本の線上を進むのではなく、左右それぞれの直線状を進むようにすると良いでしょう。

身体のクセは一人一人違います。自分の身体のクセを知り、身体にあった美しい歩行姿勢がとれるように試してみてください。
次に呼吸法です。
呼吸は自然に、脚の動きに合わせて「吸う吸う」「吐く吐く」のリズムで行なうと良いでしょう。
さらに、慣れてきたら、「速く歩く」ことも試してみてください。
コツは、ひじを軽く曲げ、腕をコンパクトに元気よく振ることです。
このように基本的なフォームができれば、健康維持や体力増進に有効なウォーキングになるでしょう。


ウォーキングの注意点

 ウォーキングはもっとも危険の少ない有酸素運動ですが、ふだんからあまり運動していない人は、医学検査など安全対策を怠らないで下さい。
運動負荷試験などで運動中の血圧や心拍数、心電図の変化をしらべ、ある運動がどのぐらいその人に負担になるかを知ることも必要です。
 ウォーキングはいつどこでも気軽に始められますが、以下の事項に注意しましょう。
・医学検査を受けて、運動に耐えられるかを確認しましょう。
・明るく楽しく自分の体調や体力に合わせ、マイペースで行いましょう。
・体調の悪いとき、天候の悪いときは無理に行わず中止しましょう。
・あまり距離や時間にこだわらないで行いましょう。
・ウォーミングアップやクールダウンも忘れずに行いましょう。
・事故やケガのないように、そして車にも十分注意しましょう。
・適度な水分補給を心がけましょう。


シェイプアップのためには最低でも20分以上

歩くためのシューズは通勤や通学とは目的が違います。
歩くためのシューズは軟らかく、通気性に富んでいること、ひもで足にしっかりと固定できること、踵部分は体重をしっかりと支えられるようになっていることがポイントです。
また、底は滑らず、衝撃を吸収する素材で、適度の厚さと硬さを持ち、指の付け根のあたりでよくしなるようにできていて、爪先が靴の中で自由に動けるゆとりが必要です。
 シェイプアップ効果を高めるためには、1回につき最低でも20分以上歩き続けることがお勧めです。
ウォーキングのように有酸素運動では、脂肪が活発に燃焼されるのは20分を過ぎてからなので、からだの余分な脂肪を落とすには、20分以上続けることよって効果が高まります。


相互リンク
高収入 | 出会い| 美容 口コミ | 脂肪燃焼運動 | 海外旅行 おすすめ | 猫のしつけ | 懸賞 | 高収入在宅 | 葬儀 | プリザーブドフラワー*花の贈り物 | 出張マッサージ 大阪 | コスメ 情報局ビンテージ ヘルメット占いキャッシングテレフォンレディ金儲け キャバクラ 求人| 在宅| 競馬予想|