×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

運動不足解消ナビ 体操

運動情報ナビ
誰でも、どこでも、いつでもできる運動

リラックスしながらできる運動体操
“体操”は、誰でもできる、ひとりでも大勢でもできる、いつでもどこでも手軽にできる、難しい技術を必要としない、特別な設備や用具がいらない、特別な服装がいらないなどが特徴です。
つまり、「体操をやってみよう!」という気持ちさえあれば、子どもから高齢者まで年齢を問わず誰でも実践できる運動です。
また、グループで行なう場合には、参加者同士が敵と味方、あるいは競争相手の関係ではなく、体操を一緒に楽しみ、心や生き方のサポーターになり得ることが素晴らしい点です。
このことは、特に高齢者層にとって極めて有用性が高いといえるでしょう。


健康の増進と疾病の予防

さて、運動は大きく二つの性格を持っているといわれます。
一つは、遊びの中から生まれ、ルールを創ることで発展してきた運動と、一つは、健康の保持・増進や回復、疾病予防あるいは心身の健全な発育発達を促すための運動です。
前者を指しているのが、いわゆる一般にスポーツと呼ばれているもので、野球、バレーボール、サッカー、バスケットボール、ゴルフ、テニス、柔道、剣道、水泳、陸上、器械体操、ラグビーなどです。そして後者を指しているのが、冒頭で述べた“体操”です。
おそらく誰でも一度は経験したことがあると思いますが、「ラジオ体操」は、真にその代表格です。


体操の要件

では、健康の保持・増進や疾病予防等を目的としている体操には、本来、どのような内容が備わっていなければならないのか、またはどのような意味があるのか、1~5にまとめてみます。
1 部分的な運動ではなく、全身運動である。
2 普段使っていない身体の部分まで意識をもって動かし、関節の可動域を最大限に広げる。
3 身体の各部位を満遍なく動かすとともに、他の部位との調和を図り、特定の部位に負担をかけない。}
4 姿勢を重視し(背骨をまっすぐにする)、重心位置を正しく使うことで、けが(障害)を防ぐ。
5 体操は調整運動であり、体の強化が目的ではないので、自分の体調に合わせて無理なく継続できる程度とする。
 これらの内容から“体操”が、先ほど示しました様々なスポーツ種目とは明らかに区別されることが分かりますし、目的を果たすための理論がはっきりしているのです。


体操のバリエーション

体操のバリエーションとしては、
1 椅子に座って実施する。
2 様々な手具を利用する。
3 衣装を工夫する。などがあります。
 椅子を利用する場合は、膝に負担をかけることなく、姿勢を安定させて実施できますので、高齢者や肥満者あるいは疾病者にも有効です。
また、チューブやボールなどの手具を利用することで、動きの幅を広げたり、筋肉への意識を高めたりすることができ、体操そのものを興味深いものにしてくれます。
さらに、最近では、グループで衣装をそろえて発表会に出演するなど、体操の活動が生きがいにつながるものになってきています。


相互リンク
高収入 | 出会い| 美容 口コミ | 脂肪燃焼運動 | 海外旅行 おすすめ | 猫のしつけ | 懸賞 | 高収入在宅 | 葬儀 | プリザーブドフラワー*花の贈り物 | 出張マッサージ 大阪 | コスメ 情報局ビンテージ ヘルメット占いキャッシングテレフォンレディ金儲け キャバクラ 求人| 在宅| 競馬予想|