×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

運動不足解消ナビ 野球

運動情報ナビ
野球の特徴

野球
野球とは、皆さんもよく御存知のように、1チーム9人の2チームが攻撃側と守備側に分かれ、攻撃と守備を繰り返しながら得点を争う球技です。
野球は考える時間が非常に多いスポーツです。
ボールが動き始めるとめまぐるしく攻守が入れ替わり、プレーが連続するサッカーやバスケットボールとは違い、1アウトごとにプレーが止まり、攻守の交代も3アウトごとに決められています。


野球の伝来と発展

 野球が日本に伝わったのは明治4年頃、東京開成校においてアメリカ人教師ウィルソンによって伝えられたと言われています。
そして、明治27年、中馬庚氏によって「ベースボール」が初めて「野球」と翻訳され、日本プロスポーツを代表する「野球」という言葉が生まれました。
テレビ中継などで馴染みの深いプロ野球ですが、発足したのは昭和11年2月5日、東京・日本工業倶楽部にて日本職業連盟が設立され、7球団1リーグ制でスタートしました。
現在のセ・リーグ、パ・リーグの2リーグ制がスタートしたのは昭和25年のことです。 
現在では日本国内において幅広く支持されるスポーツになった野球ですが、オリンピックの正式種目となったのは1992年のバルセロナオリンピックからということを考えると、世界的なスポーツというよりはアメリカを中心に限られた国々で行なわれてきたスポーツであるということがいえるでしょう。


日本の野球

 日本の野球はプロ野球を頂点として、社会人野球、大学野球、高校野球、中学野球、少年野球とあらゆる年齢階層で活動がなされています。
キャッチボールはこどもから大人まで、少しの時間があれば楽しむことができます。
むかしはちょっとした道路でもキャッチボールしていた人も多かったのを思い出します。
サザエさんやドラえもんにも野球を楽しむ小学生が登場します。
でも現在は、多くの公園でボールを使った遊びが禁止されたことや、空き地がなくなったことから、安心してキャッチボールできる場所が減ってきました。
また、交通量が多くなったため、道路でのキャッチボールなど考えることもできません。
気軽に、安心してキャッチボールができる空間を確保したい、こどものキャッチボールをおおらかに見守る雰囲気をとりもどしたい、と思うところです。


見る野球と応援する野球

 ところで、イチロー選手や松井秀喜選手などスター選手の海外移籍などで人気低下が懸念されているプロ野球ですが、2005年は50年ぶりの新球団、東北楽天イーグルスの加入や初めての試みとなるセ・リーグとパ・リーグの交流戦など見所がたくさんでした。}
野球には、実際にプレーする他に、見る楽しみ、球場で応援する楽しみなど、様々な楽しみ方があります。
ぜひ一度、球場へ足を運び、プロ野球選手の生のプレーを間近で見ていただきたいと思います。


相互リンク
高収入 | 出会い| 美容 口コミ | 脂肪燃焼運動 | 海外旅行 おすすめ | 猫のしつけ | 懸賞 | 高収入在宅 | 葬儀 | プリザーブドフラワー*花の贈り物 | 出張マッサージ 大阪 | コスメ 情報局ビンテージ ヘルメット占いキャッシングテレフォンレディ金儲け キャバクラ 求人| 在宅| 競馬予想|