×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

運動不足解消ナビ アイスレンジホッケー

運動情報ナビ
アイススレッジホッケー

アイスレンジホッケーをする人
アイススレッジホッケーですが歴史は古いと言われてます。
北欧が発祥とされ30年ほどの歴史があるようです、 冬季パラリンピックとしては1980年のレークブラシッド大会で 公開競技として行われた記録があります。
正式競技としては1994年のリレハンメル大会からです。
日本では長野大会決定を契機に長野パラリンピックに向けて 1993年11月から普及が始まっています。
現在、国内チームとしては長野、東京、北海道、そして 青森と全4チームが活動しています。
国内公式戦も開催されています。

さて、競技ですがスレッジホッケーの名前のままですが、 スレッジ(そり)で行うホッケーです。
ゴールキーパーを含め常時6名で競技は行なわれます。
(ベンチ入りは12名、交代は随時可能)
基本的なルールや防具類、パック、ゴールのサイズなどはアイスホッケーとほぼ同じでアイスホッケーと同様に 氷上の格闘技と呼ばれています。
2002年ソルトレイクパラリンピックでは唯一の氷上競技になります。
やはり最も大きな特徴は、スレッジ(そり)に乗ってプレイする事です。
手に持つスティック(ブレード)でパックの操作とスレッジの 滑走をおこないます。

余談とは思いますがスレッジは日本人考案の各個人に合わせた バケットシートを使ったスレッジ(そり)が世界的に現在は主流です。
ここでも日本人の匠の技が生かされていたりするんですよ!!

カナダ、ノルウェー、スウェーデンがメダル候補とは言われてますが 日本チームも長野の頃とは違います!!
世界でもっとも伸び盛りのチームと言われ、実際2000年3月に アメリカ・ソルトレークシティにて行なわれた世界選手権において 周囲もある意味びっくりさせた4位入賞を果たし、 メダルも射程圏内に来ました。

相互リンク
高収入 | 出会い| 美容 口コミ | 脂肪燃焼運動 | 海外旅行 おすすめ | 猫のしつけ | 懸賞 | 高収入在宅 | 葬儀 | プリザーブドフラワー*花の贈り物 | 出張マッサージ 大阪 | コスメ 情報局ビンテージ ヘルメット占いキャッシングテレフォンレディ金儲け キャバクラ 求人| 在宅| 競馬予想|